曼荼羅 mandara / 暈繝 Ungen


暈繝(うんげん)彩色とは

実際に色をぼかす変わりに薄い色から濃い色へと段階をつけてグラデーションで描く技法である。

奈良時代以降、仏像、仏画、仏教建築の彩色に用いられてきた。

一カ所に7回以上重ねて塗っている箇所もあり、立体的で豊かな色彩を創り出している。

作品の配色は作家先生オリジナルである。

 

 

海住山寺五重塔 

カイジュウセンジゴジュウノトウ ウンゲン


繝 薬師寺

ウンゲン ヤクシジ


白龍 暈

ハクリュウ ウンゲン

 

仏画の尊像の文様に生かされ

暈繝そのものも仏画とみなされている

白龍は龍の中で最も

 位が高いと言われている


 

暈繝 蓮華文様

ウンゲン レンゲモンヨウ


 

暈繝 興福寺文様

ウンゲン コウフクデラモンヨウ


うんげん ほうおう

暈繝 鳳凰

 

平等院柱絵鳳凰図

仏画の尊像の文様に生かされ

 

暈繝そのものも仏画とみなされている