菩薩様


醍醐寺不動明王信海筆

(ダイゴジフドウミョウオウ シンカイヒツ)


敦煌観音菩薩

(トンコウカンノンボサツ)


如意輪観音菩薩

(ニョイリンカンノンボサツ)


敦煌観音像

(トンコウカンノンゾウ)

 

敦煌の壁画の中で一番美しい尊像と言われている。

日本古来の伝統技法を再現し、全体に中間色を使うことで優しい雰囲気を醸し出している。


黄不動

(キフドウ)

 

この黄不動は、三井寺の黄不動で円珍の夢の中に現れた不動明王を絵師に描かせたものである。

悪魔煩悩を降伏し仏道を保護する本尊で、独自の配色により力強さの中に優しさが表現され、堂々とした立ち姿の素晴らしい黄不動に仕上がっている。


日光菩薩 (日天)

(ニッコウボサツ)   (ニッテン)

 

仏教の世界の日の神は日光菩薩です。

薬師如来の脇侍を務める菩薩様で太陽の光により薬師如来の働きを助ける役割を果たしている。


月光菩薩 (月天)

(ガッコウボサツ)   (ガッテン)

 

仏教の世界の月の神は月光菩薩です。

薬師如来の脇侍を務める菩薩様で月の光により薬師如来の働きを助ける役割を果たしている。


毘沙門天

(ビシャモンテン)

 

七福神の1人でもあり、七難を避け七福を与えると言われている。

左手に宝塔、右手に金剛棒を持つ姿からは力強さを感じさせ、古くから武道の神としての信仰も厚い菩薩様である。


弁財天

(ベンザイテン)

 

七福神の中の女性神で財運や芸能をつかさどるといわれている。

水盆に乗っていることから水に縁の深い仏様である。

この絵の地色の薄い緑青の色は、百年前の岩絵の具を使っており、細かい粒子で発色が良く、現在では手に入れることができない為大変価値のある作品となっている。


一葉観音

(イチヨウカンノン)

 

美しい蓮華の花びらに乗って海に現れる観音様で水難から守ってもらえると言い伝えられている。

配色にこだわりをもって描かれ、ターコイズブルーを基調色に癒しと優しさを感じる作品になっている。


烏枢沙摩明王

(うすさまみょうおう)

 

「トイレの神様」

「トイレ」は昔から怨霊や悪魔の出入口と考える思想があったことから、烏枢沙摩明王の炎の功徳によって清浄な場所に変える、という信仰が広まり、今では「トイレの神様」として人々に慕われている。