青龍  Blue Dragon


青龍 雲海の中の一対の龍

雲間から勢いよく顔を出している一対の龍は、雄と雌を表している。

雲と空の色を表すブルーの色と青龍の炎の朱色が対比で力強さを表している。

原画制作には6ヶ月を要し日本古来の伝統技法を再現している。

原料に水干(すいひ)絵の具を使い1色ずつ膠(にかわ)で溶いて描いていく。

雲龍  Unryu


雲龍 

広島県の重要文化財である、宮島・厳島神社の「五重塔」。

 

雲竜はその「五重塔」の内陣の天上に描かれている。

通常は見る事ができない大変貴重な壁画である。

(色は作家先生独自の配色)

 

四神(ししん)Four Symbols


北を守る 玄武(げんぶ)


西を守る白虎(びゃっこ)

東 を守る 青龍(せいりゅう)


南を守る朱雀(すじゃく)


四神(ししん)とは、東西南北を司る(守る)神様

東・・青龍(せいりゅう)、西・・白虎(びゃっこ)、南・・朱雀(すじゃく)、北・・玄武(げんぶ)を表す

家の東西南北に飾ると守神として結界を張ってくれるという。

原画制作には3ヶ月を要し、日本古来の伝統技法を再現している。

原料に水干絵の具(すいひ絵の具)を使い1色ずつ膠(にかわ)で溶いて描いていく。

配色には、東青、西白、南紅、北黒(ここでは、濃緑)とこだわりを持って描いている。